ラミシールの写真

ラミシールには、塗り薬、飲み薬、スプレーなどのたくさんの種類があり、自分の症状のタイプや重軽度により選ぶことができます。様々なタイプや場所の水虫などに効果を発揮します。

全身の発赤やかさぶたなどの副作用があるラミシール

真菌の増殖を抑えるラミシールは、カンジダ症や水虫などに効果的です。
カンジダ症や水虫などの原因である真菌の増殖を、有効成分が抑えてくれます。
軟膏やクリーム、液体のタイプはドラッグストアやネットの通信販売でも購入できるので、カンジダ症や水虫を自宅で治すこともできます。
しかし、手軽に購入できて使えるラミシールですが、副作用には注意しなければいけません。
副作用が起きる可能性は高くはありませんが、稀に重大な副作用を引き起こす可能性もゼロではないので、ラミシールを使うときは気をつける必要があります。
主な副作用は、肝不全や肝炎などの重篤な肝障害です。
比較的軽い副作用としては、全身の発赤やかさぶたです。
肝障害ほど重い副作用ではありませんが、全身の発赤やかさぶたには注意しておかなければいけません。
ドラッグストアやネット通販でラミシールを購入した場合は、医師の診察を受けてから使うわけではありません。
そのため、本来なら副作用の危険性が高い人でも、ラミシールを使ってしまう可能性があります。
カンジダ症や水虫だと、恥ずかしいと思ってしまい病院には行きにくいかもしれません。
また、ラミシールを使えば簡単に治ると思い込んでしまい、市販薬で治そうともしがちです。
しかし、ラミシールには全身の発赤やかさぶたなどの副作用の他に、肝障害など重篤な症状を引き起こす副作用も存在しています。
ドラッグストアやネット通販で購入したラミシールを使って副作用が出たら、全身の発赤やかさぶたなど比較的軽い症状でもすぐに使用を中止しましょう。
そして皮膚科などの専門医の診察を、すぐに受けるようにしてください。
特に持病のある方は、医師に相談してから使いましょう。