ラミシールの写真

ラミシールには、塗り薬、飲み薬、スプレーなどのたくさんの種類があり、自分の症状のタイプや重軽度により選ぶことができます。様々なタイプや場所の水虫などに効果を発揮します。

医師に寄ればデイサービスで感染する場合もある水虫

医師に寄れば、高齢者が利用しているデイサービスへの通所によって水虫に感染する場合もあると言われています。

デイサービスでは、食事やリハビリ、レクレーション、雑談などだけではなく、施設によっては入浴サービスを受ける場合もありますがその際に共用部分のマットを踏んでしまったりすることで感染する可能性が否定できないと医師は推察しています。

施設でもできるだけ他の感染対策はきめ細かく行っているでしょうが、入浴に関するマットの個人的な使用で一枚一枚を交換するというのは、業務の大変さから見てもなかなか実現はしづらいものだといえるでしょう。

しかも、高齢者になるとだんだんと体の動きに制限が出てしまうので、 自立とされている方でも入浴した際にしっかりと足の指の間まで拭き取るということがしづらくなる可能性もあります。

そのために、足の指が湿気を帯びた状態になってしまうために、一旦水虫に感染してしまうとなかなか治りづらいという場合もあります。

またデイサービス通うときのシューズにも影響を受ける場合もあるでしょう。
できるだけ乾いた 状態で開くのが理想的ですが、通所する際には決めたシューズを履くという方が多くなっています。
医師に寄れば、高齢者になると足の指に変形が起こる可能性も高くなっていると言われています。

そのため、さらに指の間の蒸れを防ぐのが若い頃よりもしづらくなるという条件が揃っているといえます。

デイサービスを運営する施設側も、出来るだけ利用者の健康状態は確認をしているものですが、入浴に関して共用部分に於いての感染対策もいろいろと講じてはいるのですが、徹底的な感染防止への取り組みはまだ実現できていない段階だと医師は考えています。